;

HOME» 維持・整備» メンテナンス

スポンサー

コメント

Powered by Disqus

mazdafancomm twitter

タイヤの残り溝を確認

駐車場の出口で、発進時にたまに滑る感じがする事がありました。(住宅地の路地裏なので、砂が浮いて滑りやすいのだ思っています。)
現在の走行距離は、3万5000kmですが、標準のブリジストン POTENZA RE040 (255/45 R18 91W)の溝の残りを見てみると・・
クリックすると元のサイズで表示します
スリップ・サインのある位置には、三角形の印がタイヤのサイドウォールについています。

read more

タイヤ交換

現在、t履いているタイヤが、ブリジストンの POTENZA RE 040 なので、順当に同じレベルのタイヤとすると、後継の POTENZA RE 050。価格.com の最安値で見ると、1本2万6千円程度。

クリックすると元のサイズで表示します

通販やオークションで購入してタイヤ屋さんに持ち込ものが一番安くなるのだが、そうなると、やはり場所と時間がかかるので、ちょっと無理そう。。
という事で、量販店やタイヤ専門店で、時間をかけずに交換をする事に念頭に探してみました。予算は10万円まで。で・・
量販店でのタイヤの価格は、ネットでの最安値より1本辺り+1万円~は覚悟しなければいけない感じだったので、純正のPOTENZA相当はそうそうに諦めて、タイヤ探しを始めました。

read more

ソーラー充電器(その後)

去年の冬は、バッテリー上がりにあって、やむなくバッテリーを買い換えたものの、そのバッテリーも、危なくまた上げてしまいそうになりました。
(管理人の最近の車の使用回数は、基本は週末のみで、たまに週末も乗っていません。)
そのため、ICP社製のSE-135という、ソーラー・パネルを購入しました。
現在は、駐車中は、ダッシュボードに置いています。
クリックすると元のサイズで表示します
今の所、調子は良好で「エンジンがかからなくなる」、「スターターを長時間回さないとかからない」という事はありません。
流石に、一週間乗らないと、瞬時にエンジンがかからない時(”ギュギュッギュッギュッギュッ”と、2~3 秒くらい間がある時)もありますが、これは冷え切って、オイルも下に溜まってしまっている時は、当然かな。。という気がします。(一応、効果を意識しならが、エンジンスタートをしているので、気が付いただけだろうと思っています)
いづれにしても”エンジンが、かかりにくい”という事は今の所は無く、普通にかかります。

2009/03/21追記:この後、今年の冬は、1回だけ、エンジンがかかりにくかった事がありました。良く覚えてないのですが、「ギュッギュッギュッギュッギュッギュッギュッギュッギュッギュッギュッギュッギュッ」くらい(もう少しかな)の長い前置きの後、ようやくかかって一瞬、ひやっとしました・・。
管理人の地域も本日が桜開花予想日になる等、暖かくなってきました。サンデードライバー化して初の冬を迎えた去年は、2回、バッテリーを上げてしまった上、毎回、エンジンがかかりにくい状態だった事を考えると、大きく改善したと言って良いと思います。ソーラーパネルは、大きな効果があるようです。

read more

バッテリー充電

ガソリンが高くなった。のとは関係なく、電車通勤になって、RX-8には、週に一回くらしか乗らなくなった。
近所の方にも
「最近、乗ってないよね。調子悪くなったりしない?」
「うっ。。」
となるくらい、乗っていない。
そして、まさに言われた通り、あまりにも乗らないため、以前、バッテリーを上げてしまった。それからは、バッテリーの調子を気にするようになった。そして、最近、また、調子が良くない。
3週間くらい前、出かけ先で、スターターを長く回さないとエンジンが掛かりにくくなり、「むむ。JAFを呼ばないとだめか。。」と一瞬、焦った事があった。
が、その時はかろうじてエンジンがかかり、その後、充電を意識しながら乗り回して、エンジンがかかりにくい。という状況は、とりあえず脱する事ができた。
その後もこまめに乗るようにしたが、エンジンは少しかかりにくいし、なんだかスターターも弱々しい感じがする。
そのため、久しぶりにバッテリーを取り外して、充電する事にした。
クリックすると元のサイズで表示します

read more

微速走行中のエンジン停止

久々にRX-8に乗っていてちょっと怖い目にあった。
そろそろ秋にさしかかってきたので、気温も丁度良いのでエアコンを使わずに、窓を開けて近くのホームセンターまで買い物に行った。
帰りに駐車場から出ようとして、50mくらい走ると、走行中(とは言っても駐車場内なので10km未満だったと思う)にエンジンが「ストン」と止まった。
実際は、エンジンが止まったのに気づいた訳ではなく、一瞬何か変なものの、なにが変なのかよく分からず、「ん?」と思い、闇雲にスターターを回してみた。「ブルルン」とエンジンがかかる。それで「あ。エンジンが止まったんだな。半クラにでも失敗したかな。。」と思った。

そこから駐車場を出ようとしたのだが、その後、約一分間程度の間に4回くらいは、エンジンが「ストン」という感じで(実際は音もなく、「こんなアイドンリグ・ストップ機能があったら最高だろうな。。」というくらい極自然に)止まった。別に半クラに失敗しているわけでは無く、駐車場内の低速走行で惰性でクラッチを切って走っているのにエンジンが「ストン」という感じで止まるのだ。その度にスターターを回してエンジンをかけ直す。

流石に何度もエンジンが止まるので、「これはおかしい」となって(いくら駐車場内で10km未満の速度でも、車が動いている時にエンジンが止まるととてつもなく怖い。で、実際、油圧系が止まるので危ない)、クラッチを切っている間も、エンジンだけは、ブーン・ブーン(英語で言うとZoom Zoomか。。)という感じでふかしながら、エンジンを止めない様に駐車場の空きスペースに移動した。(油断すると、止まるのだ)

駐車場の空きスペースでもエンジンを、あおりながら「どうやら、エンジンの負荷が軽すぎるとエンジンが止まるのでは」という気がしてきたので、エアコンのスイッチをONにして暫く様子を見てみた。
エアコンをONにしてからは、これまですぐ止まっていたエンジンが、別にあおらなくても止まらなくなった。
暫く、そのまま放置して、エンジンが自然には止まらない事を確認した後、家に帰った。

どうもエンジンの制御プログラムが低燃費志向に振りすぎて、低負荷の時にエンジンが止まってしまうのでは、無いか。と勝手に想像したりする(根拠は全く無く、適当だ。そして、私の想像は良く外れる。)。その後、再発の兆しは無い。
一応、こういう事がまた起きた時のために、メモとして残しておこう。
追記:どうやら、バッテリーが弱っているとこの症状が出る場合がある。という記事を検索で見つけた。ちょっと心当たりがあるので、調査中。
=>翌日の記事に続く。

バッテリー上がりとバッテリーの交換

1月に入ってから関東は寒い日が続いたためか、RX-8のエンジンが、お昼くらいのぽかぽかした陽気の頃にしか、かからなくなってしまった。
はじめは、RX-8で有名な”プラグのかぶり”がとうとう訪れたと思い、初デチョークなども試みたのだが、効果がない。暖かい時はエンジンがかかる。という現象から見て、単にバッテリーの問題のようだ。

もう購入してから5年も経つため、そろそろバッテリーの寿命もあるだろうと思い、日中の暖かい時間にエンジンをかけ、バッテリーを交換しに近所の量販店へ。

標準よりも容量の大きい85D26Lに交換した(純正のバッテリーは、マニュアルによると75D26L、もしくは75D23L。頭の二桁の数字が容量、それ以降はサイズと端子の位置を示すそうだ)。
標準のサイズでもそうなのだが、RX-8用のバッテリーはサイズは値段が結構高く、1万円前後で並んでいるバッテリーを横目におよそ2万8千円を支払った。交換工賃は約500円。
(後で調べるとYahooオクなどでは、半額程度で販売されているので、そちらの方が全然お得だった。。廃バッテリーの処理は考える必要があるが。。)
自分で交換しようとも思ったものの、古いバッテリーの処理とかは専門店に任せた方がエコの様な気がしたのと、難し作業では無いので、お願いした。

容量を大き目のにしたのは、実は、ここ1年間は、電車通勤に切り替わったため、サンデー・ドライバー化し、殆ど車にも乗らなくなってしまったため、容量が大きい方が良いと思ったためだ。
が、交換6日後の、午後3時頃(天候は晴れ)、早速エンジンがかからない。「ん。またバッテリー?」と思い、ライトを付けてみる。
普通に付く。暗くは無い。でも、念のためすぐ消す。

セルモーターを5回程度回して、どうも力尽きそうな音になってきたため、止める。
「きっと、暖かくなったら、また回るだろう。今日は気温も低いし」
と思い、数日後の暖かい日に再度挑戦した。

が、今度は、リモコンでドアが開かない。完全にバッテリーが尽きてしまったようだ。恐らく、車を買ってから1度試しに使ったくらいの鍵穴に鍵を指して、手動でドアロックを解除する。
ちなみにバッテリーは「SHIN KOBE DENKI」製となっており、刻印は、「171107S」となっていた。17日11月07年という意味のようなので、それほど古いバッテリーでは無さそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
これまで雪国育ちなものの、バッテリー上がりに遭遇した事は、免許を取ってから一度も無い。北海道の実家にバッテリー充電器はあったが、毎日車に乗っているためか充電器の出番は、少なくても20年くらいは無かったはずだ。
サンデー・ドライバーになると、バッテリーに気を遣わなければ行けないんだな。。という事を実感。

とりあえず、サンデー・ドライバーのため、車が無くてもなんとかなるので、バッテリーを外して室内に持ち込んで、充電器をネットで発注。来週末までには復活させよう。
クリックすると元のサイズで表示します

Copyright (C) Yuhki All Rights Reserved.2009-2017 ( Powerd by WordPress & bbPress )